読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を頑張ればいいのか

それは、たまたまの出来事であった。

普段、僕は必ず週末にシャツにアイロンを掛ける。

一週間分まとめて。

ただ、今週はそれができなかった。

うっかり、その時間を取るのを忘れてしまったのだ。

しかし、月曜日は良かった。

過去にきちんとアイロンがけしたシャツが残っていたので、

そのシャツを着ていた。

問題は昨日、火曜日だ。

僕は急いでいたこともあり、アイロンをかけていないシャツを着て

出社した。

するとどうだろう。

僕の上司は、それを指摘しにやってきた。

きちんとしたシャツを着て、会社に来なさいと。

普段はきちんとやっている。

今まで、そんな格好で会社に行ったことはほとんどない。

たまたま昨日、それをするのを忘れたのだ。

それで、全てを評価されてしまう。

今までどうだったか?などというのは、評価に加味されない。

 

ビジネスは、結果が全てである。

ということは、今回のようにたまたまダメだった時を評価されてしまうことは

これからも起きるであろう。

では、どうすればいいのか。

きちんと毎日結果が出るように頑張るのは、得策ではない。

人間は必ず忘れてしまうからだ。

そうではなく、自動的に結果が出るシステムを構築するところに

時間と労力をかけるべきなのだ。

適切なタイミングで、適切な動作をすることを「習慣化」してしまえば、

自動的に結果が出る耐性が構築できてしまう。

 

沢山考察し、本質を見抜き、それを実現するための

「自動化」の方法を考えることが本当の仕事なのである。

 

これを意識し、構築していこうと思う。