読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダーになるということ

僕は将来、リーダーになって、多くの人の能力を引き出したいと思う。

そのためには、「導く」事が必要であり、「導く」ためには、

「道を示す」ことが必要である。

ただ、今の時代は答えがない問題が多いし、誰にも正解がわからない状況は

山のように存在する。

そんな中で道を示し、多くの人を導けるようにならないといけない。

そのためには、何が必要なんだろうか?

その答えは、「センス」なんだと思う。

 

「センス」と聞くと、そんなもん、才能じゃねーか!って思うかもしれない。

でも、そうではない。

以前、水野 学さんの「センスは知識からはじまる」を読んで、

目から鱗が落ちた。

センスは才能で決まってしまうのもんではないのだ。

 

センスは知識からはじまる

センスは知識からはじまる

 

つまり、たくさんの情報をインプットする必要がまずはあるのだ。

でも、それだけでいいんだろうか。

おそらく、それだけでは不十分だ。

「情報」は「知識」ではないからだ。

「情報」が自分の中で整理され、自由自在に取り出せるようになった時、

「情報」は「知識」へと変わっていく。

この「知識」が沢山集まることで、「センス」が磨かれていく。

 

では、どうすれば「情報」を「知識」へ変えることができるのだろうか。

それは、情報を自分の中で整理し、自分の考えを付加し、アウトプットすることを

繰り返す練習をすることだ。

これは、ホリエモンが最近行ったスピーチの中で詳しく述べている。


「平成26年度近畿大学卒業式」 堀江貴文氏メッセージ - YouTube

 

やることは分かった。

じゃあ、どうすればいいのか。

以前の記事にも書いたけど、やることが決まったら、

システム化、自動化することが大切だ。

 

garage.hatenablog.com

 

ということで、やることを考えてみる。

1.情報に触れる

2.何か1つ記事をピックアップ

3.自分の意見を考える

4.アウトプットする。

これを、合計1時間程度で行う。

では、どこで1時間の枠を稼げるだろうか。

一番簡単なのは、定時後の1時間であろう。

ということで、今日から定時後1時間は、このために時間を使おう。

きっと、センスを作り出せると思う。