読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたくて、居なくなってしまいたくて、必死に自分の居場所を探していた10年前の僕へ

なんとなく、このブログを書き続けて2ヶ月ぐらいがたちました。

今まで、考えたこと、思ったことをとりとめなく綴ってきました。

ただ、これだと、乱文、雑文になってしまい、文章力が向上しないことに気付きました。

そこで、このブログのペルソナ*1を設定することにします。

それが、タイトルのとおり、10年前の僕です。

その頃の僕は、自分に自信が全くなく、自分がいると周りの人が迷惑すると思っていました。

だから、サークルのイベントや飲み会を何も用事がないのに断わり、

家に引きこもってテレビやパソコンでアニメを見て、

何もすることがなくなると、強烈な虚無感と無力感に襲われていました。

その結果、毎日死にたいと思っていたし、夜寝るときは、

このまま目があかなければいいな。と思っていました。

そんな僕が苦しくなると行っていたことが、Google検索です。

「自信・つける」とか「死にたい・解消」とか、「存在価値・つける」とか

調べてもなんの意味のないワードを並べて、自分の答えを見つけようとしていました。

だから、もし、10年前に戻って僕がこのブログを書けば、きっと当時の僕は

このブログを見つけると思います。

当時の僕が少しでも楽になるように。何か、気付きがあるように。

このブログに文章を綴っていければと思います。

 

*1 マーケティング用語で、簡単に説明すると、商品等を提供するターゲットのこと。

   例えば、マスカラを提供するなら、女子高生なのか、20代OLなのかなど、

   自分がこれから開発しようとする商品を提供するターゲット像を細かく設定する。

   これによって、マーケティング手法、商品の特徴、価格など、さまざまな情報を

   ブレることなく、設定することができる。

   以下のページが参考になる。

  

http://liskul.com/wm_personam6-5104

liskul.com