読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープナーの研究1

僕がナンパをするときの声掛けは、めちゃくちゃ単純です。

あいさつ

質問

理由

オファー

これをただ、一方的に伝えるだけ。

例えばこんな感じ。

「おつかれさまでーす。

おねえさん、おなかすいてないですか?」

「いえ、空いてないです」

「えーそうなんですか?

実は、今すっごいお腹すいてて、一緒にご飯食べてくれる人探してるんですけど、

すっごいきれいな人だと思って、こえかけてしまいました。

どうですか?一緒にご飯食べてもらえないですか?」

「いえ、いいです。そういうの、無理なんで」

「あー、そうですか。分かりました。ありがとうございます(^^)」

みたいな感じです。

これのメリットは、ナンパに応じる気のない子を、即座に見極められることです。

声掛け開始から、直ぐにナンパであることを公表しているので、

ナンパが嫌な子は、無視するか、強めに断るか、逃げていきます。

これによって、ナンパに応じる気のない子を早期に見極められるわけです。

 

ただ、これの弱点は、ほとんど会話の練習にならないことです。

世の中の女の人は、ほとんどの人がナンパなんて興味ないので、

ガンシカか強めの拒否しか引き出せません。

会話がオープン(声をかけた女の子と会話が成立すること)したとしても、大抵の場合、ナンパと伝えているので

ネガティブなイメージからのスタートになり、非常に不利です。

そして何より、こんなフレーズ、日常会話じゃ使わないってことです。

この会話を使う場合は、それなりに関係が構築されていたり、業務連絡だったりするので、

特に会話能力を必要としないわけです。

 

僕は、ナンパを通じて、会話力を磨きたいと思っています。

自分は会話で女の子を退屈させてしまうというコンプレックスがあるので、

これを克服したいのです。

そこで、日常会話でも使え、会話の練習になるオープナー(声をかける女の子と会話を成立させるために発する言葉)を研究しようと思います。

日常会話で役に立つオープナーとは何か。

それは、各女の子に合わせて、その場で生み出したフレーズです。

ナンパ用語でいう間接法です。

そして、まず僕がマスターしたいのが、女の子の持ち物、服装を元に導き出される

オープナーです。

これをマスターできれば、日常会話でもどんどん使うことができるはずです。

そこで今日試したオープナーは、これ。

「リボンの髪飾りを下敷きにして作ったオープナー」です。

こんな感じ。

リボンの髪飾りをした女の子が前から歩いてきます。

この子に対して、こう声掛けをします。

「おつかれさまでーす。

お姉さん、リボンの髪飾り、めっちゃ似合ってますね(^^)」

「えっ、ありがとうございます(^^)」

「今日、誕生日やったんですか?」

「えっ、違いますけどww」

「いや、プレゼントされたんかなぁと思って」

「いや、プレゼントとかじゃないです。自分で作りました」

「おー、すごいですね。めっちゃ器用なんですね。

この服も自分で編んだんですか?(なんか網目状で、肌が見えるような服を羽織ってた)」

「いやいや、これはさすがに作らないですwww」

「えー、そうなんや。

いや、実は今めっちゃおなかすいてて、一緒にご飯食べてくれる人探してるんですけど、

めっちゃかわいいじゃないですか。だから、一緒にご飯食べてもらえないですかね?」

「いやいや、無理です。もう帰ります」

「そうですか・・・(以下省略)」

 

反省点①

会話が全然面白くない。むしろ意味不明である。

今回の子はめちゃくちゃ反応が良い子なので、会話が成立しているが、

内容がぜんぜん面白く無い。

今日誕生日なんですか?は、前後の会話につながりをもたせきれていない。

完全に浮いている。

せめて、

「めっちゃかわいいリボンですね。

どこで、ラッピング包装してもらったんですか?」

「いやいや、してもらってないです」

「えー、今から友達の誕生日会に行くんじゃないんですか!?

プレゼントは、わたし的な」

ぐらいにしといたほうが、まだつながりが出る。

 

反省点②

誕生日という設定を投げかけておいて、全くそのシチュエーションを活かせていない。

今日誕生日じゃない → 誕生日を聞く or 当てに行く → じゃあ、誕生日〇〇日前ということで、

スタバでフラペチーノ奢らせてください。というつながりに持っていく。

いや、この流れで連れ出しはムリだろうなぁ。

こんなオファーに乗ってくる子なら、最初っから連れ出せてるはず。

 

反省点③

自分の誕生日を利用していない。

誕生日プレゼントでおごるというオファーを断られた後の展開。

「そっかー。分かりました。じゃあ、今回は遠慮しときましょう。

ところで、実は僕の誕生日、〇〇月〇〇日なんですよ。

今日から大体◯ヶ月前なんで、◯ヶ月前記念でフラペチーノおごってください」

「いやいや、なんで私がおごるんですか」

「えー冷たいなぁ。

じゃあ、奢るのと奢られるのだったら、どっちがいいの?」

みたいな流れにもっていけないか?

まぁ、この後で「どっちも嫌です」って言われたら終わってしまうなぁ。。。

 

ということで、この子を連れだすのは無理でした。

もっと、色んなオープナーを試してみます。